シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイビングを「楽しめる人」「楽しめない人」




水の女神、サラです。

あなたは答えられますか?

ダイビングライセンスを取得する予定だとします。

でも、あなたには何軒ものダイビングスクールが目に入り、それぞれ良いことを書いていることに迷います。

その売り文句に惑わされずに、確かな「安全に楽しめるスクール」を選ぶには、何で判断すればいいでしょうか?

この質問は、これからダイビングを始めるほとんどの人の最大の関心ごとではありますが…

実際には誰もが同じ良い判断ができるものではないです…

「ちゃんと教えてもらえるところが良い」

「プール付きのスクールが良い」

「良い指導者、ベテラン指導者が良い」

もし、時間が戻せるならとりあえず資格取得してから悪かったらやり直すけど…

できないです。だから…

そもそもあなたの希望する条件の全てをクリアできるスクールは無いでしょう。

ライセンスを得ることが目的に思えて行動を起こしても…「ライセンスカード」を手にしたのに不満足な結果になるかもしれません。何故なら…

何故だと思いますか?

ライセンスコース修了後、本当に得たかったもの、、、

それはプラスティックカードではなく、、、

「他の人と潜るときに恥ずかしくないダイバーになり、楽しめることだからです。

ライセンス取得に執着してはダメ

ちょっと考えてみてください。

ダイビングを始めようとする人は、まずライセンスが必要だからと、その取得の「手順」に意識がいっています。

これは、スクール選びを失敗する原因の最大のものです。

講習の内容や上達でなく、プラスティックカードの事ばかり考えている。

そして、コース後、他のダイバーとどう潜れるようになるか見えていないのです。

「ライセンスカードさえもらえればダイバーだから、潜れるから」というような言葉を聞いた事ないですか?

これは、内容を見ずに思い付きで買い物をしようという考えの現れで危険です。

下手なダイバーになってはすべて無駄

なぜなら、ライセンスを手にして他の人より下手だと、つまり、コース後必要な技量を得ずライセンスカードだけ手にしても楽しくなく、安全性すら疑問だからです。

事実、ダビング事故の80%以上がミス、つまり「技量不足」が原因です。(海上保安庁データ)

どんなにいい表現で広告されていても、立派なホームページやパンフレットであっても、特典やイベントが良く見えても、良いダイバーになれなければ、ライセンスカードを取得しても、ダイビングは楽しくなく、周りに迷惑をかけるとやめたくもなるでしょう…

すべてが無駄です

つまり、ダイビングを始る際に楽しそうに思えることと、楽しめるダイバーになること別のことなのです。

必要なのは「知識とスキル」

日本中の主要団体に所属するダイビングスクールは500店程あり、インストラクターは日本に1万人、そして毎年5万人程のダイバーが誕生しています。

しかし、その中で質実共に十分楽しめてるダイバーはほんの一握りです。

あらためて探すと意外とダイビングスクールはありますが、熟練するまでスタッフが入れ替わらず、上級指導者で運営しているスクールはごくごく少数です。

そういう状況で、あなたが「内容を見極める目」でスクール選びができなければ、折角のダイビングライフが残念なものになります。

指導者次第で上手になれる

それには、サービスレベルを見極める力が必要です。

日本人は、チップの習慣がないことなどから、サービスレベルをはかる機会が少ない環境ですが、そのサービスレベルこそが、受講生が得るべき「品質」です。

チェーン店の初級大工が突貫で建てる家と、専門の宮大工が建てる家の「品質の違い」はよく分かるのと同様、指導者をよく見れば、選ぶべき品質とダイビングコースは見極められます。

そして、あなたのダイビングライフが「レベルの高いダイバー」としてスタートするか、「レベルの低いダイバー」としてスタートするかで、以後の楽しさには埋めようの無い差がつき、回を重ねる度に更に開いていきます

海中へ行くのに、知識と技術は欠かせない

「ダイビングスキル」と聞くとマスククリアとか中性浮力を思い浮かべますね、でも上手い下手の決め手は異なる部分に多いです。

セッティング具合、ベルト類の調整方法、給排気のタイミング、意図的な呼吸法、水面や水中のフィンワーク、ホースやゲージの取り回し、潜降浮上の手順、ウエイトの配分…

もっと言えば、器材選びがスタイルに合っているかで既に違いが出ています。

事実としては…

ダイビングスキルの上手い下手でなく、そもそも講習で習ってない、やってない、不適切な手順だったり、間違った方法で身につけてるダイバーに出くわします。

良くないスタイルでダイビングを始めてしまうと、折角何十回もダイビング経験を積んだにも関わらず、良いスタイルで数回しか経験のないダイバーに負けてしまうこともあります。

楽しみとして始め、折角続けているのに、そんな状況に気づいた瞬間、楽しむどころではなく、経験自体が悔いるものにるでしょう。

途中で気づいても大丈夫!!

「スクール選びを失敗した」と気づけば、手遅れではありません。

ベテランが運営する信頼できるスクールと異なり、新人が運営に当たるスクールは、店離れを防止する策として、年会費や継続的な特典を盛り込んで高い器材を売っているものです。

その特典を得るために、これから何十回も程度の低いスクールに関わり、更には年会費、ツアー料、講習料、教材などを新たに支払い、時間まで浪費することを考えれば、「気づいた時点で離れる」というメリットの方が大きいということに気づくことでしょう。

いわゆる「損切り」で、損失をここまでと決め、拡大することを防ぐことです。

ダイビングスキルが高ければ…

楽しみを大きく分けると次の2つになります。

  1. 外部依存の楽しみ
    自分を楽しませてくれる、海、生物、ガイド等、外部の要素が必要
  2. 内部からの楽しみ
    自分自身の上達、頼られる嬉しさ、他の人より上手いという満足感

同じ場所で同じようなことをしてても、レベルが高い人の方が楽しいのは確かです。

つまり、海が期待以下の場合、1の外部依存で楽しんでいる人は楽しめないけれど、2の内部の楽しみ方を知っている人は、楽しい時間を過ごすことができます。

折角の休日の使い方が、その人ごとの「思考」で、楽しいものにも、つまらないものにもなるということです。

この内部からの楽しみに気づけるには、スクール選びという初期段階で、低レベルなスクールに通ってしまうと気づく機会がなかなか訪れません。

それは、自身のレベルが低くても、指導者や周囲の先輩もそもそもレベルが高くなく気づきにくい上に、未熟な講習でありながらも「認定ダイバー」としては、プライドが生じることから、選択の過ちを認めたり、改めて習おうという気になる人が少ないからです。

本来、スキルは、使い続けることで、それぞれ更に上達するものです。

良い選択をしたダイバーは、以後も同様に上手くなる道を選び、更に相乗効果で、良い選択を積み重ねることで、上達が加速していきます。

悪い選択をしてしまったダイバーは、自分より不慣れな新人ダイバーとの交流で満足しようとしますが、それでは上達スピードが遅く、良い選択をする後発ダイバーに容易に追い抜かれ、結果、ダイビングは面白くないと遠のくか、自論スタイルを肯定するしかなくなります。

そして、、、

その思考はダイビングだけでなく、よくよく考えてみるとこれまでのライフスタイルでも繰り返しているものです。そしてこれからも…

何かを習って成長するなら

ダイビングを習うなら…だけでなく、私生活でも仕事でも、進むべき道を選ぶ岐路に立った場合、又は、安易に進み始めたものの今なら道を引き返せるかな?と気づいたのであれば、少しでも早く良い道を見極め進む思考にしておきたいものです。

何についても「損小利大」…「損は小さくとどめ、利益は大きくのばす」は、発展の基本です。

損切りが遅い人は「損大利小」となりがちで取り返しがつかないところまで行くものです。

これから始める人が情報を得る手段は、店頭に行って指導者を確認する以外は、各スクールが自分でホームページに書いている自画自賛の情報がほとんどで、つまりは、あなたが判断しているつもりで、実際はスクール側の書き方次第でしょう。

このぺージの管理人、水の女神サラとしては、そういった迷える皆様を、迷い、疑問、不安、難から解放されるよう、根拠をもって救いのアドバイスを行います。

その内容は世界のトップクラスといえる、PADIコースディレクターをサポートする立場からのものです。迷える新人ダイバーの他、迷えるプロ、ダイビング経営者に至るまで広く頼られることから、多くの分かりやすい事例と共にあなたを良き道へ導きます。




例えば:

ライセンスを手にしたけれど自信がない、習ってないことが多いと分かった、新人インストラクターで講習が雑だった、事前表示のない年会費を払わないと続けられない、広告は安かったけど実際は少しずつ高額になっていった、割高な器材を買わないとツアーが高過ぎる…

どうにか良い道へと導いてほしい…という祈りが多く寄せられます。




フォローする